成人カウンセリング

Screen shot 2015-12-23 at 7.59.04 PM

保護者の方や成人の方に「精神力動的カウンセリング」を提供しています。

精神力動的カウンセリングとは・・・

フロイトにより創始された精神分析理論を背景に、人のこころには自らが意識できる範囲以外にも活動している部分があり、それらが互いに及ぼす影響(無意識の力動)によってこころの状態が構成されているという考えに基づいて提供される心理カウンセリングです。

安心できる環境で自由に思いを巡らせることを通して、それまで隔てられてきた自身のこころの部分と出会い、より自分らしい生き方を模索していくことをサポートします。

《例えばこのようなとき、お役に立てるかもしれません》

  • 漠然とした気分の落ち込みや倦怠感が続いている。
  • 人間関係(夫婦・家族・職場関係など)がうまくいかない。
  • 日本を離れた生活に馴染めない。
  • 外出や仕事、家事・育児など、日々の生活を億劫に感じる。
  • 孤立感が強い。
  • 将来を考えると不安を感じる。
  • 精神科医療を受けているが、薬物療法だけでなく、誰かと話し合う機会を持ちたい。
  • 自分という存在についてより深く理解したい。

《カウンセリングの流れ》

  • まず一度お会いし、来談の経緯などをお聴かせください。
  • その後、5回程度のカウンセリング試行期間を設け、このようなアプローチがお役に立つかどうか、ご一緒に検討いただきます。
  • 5回目の面談では、試行期間のご感想などを伺いながら見立て(来談された経緯や現状に対するカウンセラーの理解)をお伝えし、カウンセリング継続の有無とその頻度(週1〜3回)を決めていきます。
  • 継続の場合、同意された日時と頻度に沿ってカウンセリングを進めていきます。
  • カウンセリングは、1回50分。毎週決まった曜日と時間に行われます。
  • 全てのご相談内容(ご来談の事実を含む)は、守秘義務により保護されます。

【お申し込み・ご質問は、「お問い合わせ」よりご連絡ください。】

Advertisements